top of page
  • どのような人が訪問看護サービスを受けることができますか?
    疾病、障害を持ちながらご家庭で生活されている方がサービスを受けられます。年齢、性別、国籍、宗教、地域などは関係なくサービスは受けることができます。 具体例 脳梗塞などの後遺症で麻痺があり、リハビリを受けたいが外出が困難な方 心臓病などの疾患があり日常生活に不安を抱かれている方 一人では入浴が困難で困っている方 麻痺などで食べ物の摂取が困難である、度々むせるという方 人工肛門などを造設しているがケアの仕方に不安がある方 認知症、精神疾患がある方 床ずれができている方 人工呼吸器などの医療機器の管理に不安がある方 介護に対する不安がある方、ご家族が日中不在で心配に思われる方 ご自宅での看取りを望まれる方
  • 訪問看護サービスは週に何日くらい来てくれますか?
    ご利用者様の年齢や疾患によって適用保険が介護保険か医療保険かに分かれます。 介護保険の場合 主治医の指示やケアマネジャーの居宅サービス計画に基づき回数、時間が設定されます。療法士による訪問は週に120分が限度になっています。 医療保険の場合 基本的に週に3回までご利用になれます。厚生労働大臣が定める疾病等の方は週4回以上の訪問の利用が可能です。 様々な条件により異なりますので、ご相談ください。
  • 個人情報保護方針(プライバシーポリシー)について
    個人情報の保護を社会的責務と認識し、(個人情報保護方針ページに記載)個人情報
  • 訪問看護、訪問リハビリのサービスを終了したいのですが?
    ご利用者様とご家族様のご希望で、医師に報告し、指示のもとにサービスを中止していただくことが可能です。ケアマネジャー、訪問看護師、事務所にご相談ください。
  • 入院していますが、外出や外泊時に訪問看護は利用できますか?
    契約の必要はありますが、ご利用できます。 医療保険で2回までのご利用になります。
bottom of page